生きるってこと…。

長男が自らの意思で旅立ちました。

自分の気持ちや想いを整理しながら、家族の今とこれからを書く。

家族の休日の日。

休暇中の主人。


お腹空いた…と呼ばれ食べさす。


片付けたら冬休みの次男がお腹空いた、と。


朝、昼、夜と我が家の休日はみんな勝手で時間もバラバラ。


これに今までは息子が加わっていた。



私…よく頑張ってたな(自画自賛)








私の中には寝正月と言う文字はない。




でも忙しいのはいいこと。


何も考えなくてもいいから。




寂しさも忙しさで忘れている。



今の私にはこんな休日があっている。

2018年始まった人。

新しい年になりました。







昨年の元旦は息子の葬儀の次の日。




大量の年賀状のおめでとうに苦しかったです。



何も知らない人からの「おめでとう」


息子が旅立った事を説明する方が辛く面倒くさいので「おめでとう」と返事をしていた。









今年の元旦。



息子がいないってこと以外はいつもと同じ。



身内が集まり忙しいです。

まだ来客が予定してます(ー ー;)





息子がいないのに料理も毎年同じ量を作ってしまう。次男に笑われる。








今年も踏ん張ります。

頑張らないけど踏ん張ります。







皆さんにとって

少しでも癒され笑顔になる一年になりますように







今年も宜しくお願いします。

大晦日な日。

昨年の今日は息子の告別式。


この年末の忙しい時に、どこまで親不孝なヤツなのか…まさか自分の子を大晦日に見送るなんて。



通夜から家族葬のつもりだったが、通夜に来てくれた息子の幼なじみから「息子はたくさん友達がいるし、みんなに送ってもらいたいんじゃないかな…」と言われみんなが声を掛けてくれて沢山の人が来てくれた。


久々の息子のママ友から「息子くんが再会させてくれたんだと思ってる」と言われたのが印象的だった。



息子が遺骨になり我が家に戻って来た日。



みんなが無言で静かな大晦日だった。








今年はいつも通りの大晦日。


夕食には鍋をしてガキ使を録画しながら格闘技を見る。男の子ばかりの我が家は主人と共に格闘技談議しながら賑やかな大晦日。


息子が居ないけど次男と主人は夢中で見てる。



格闘技にチンプンカンプンな私は「怖っっ」とビビりながら見てる。






格闘技が終わる時間帯に初詣に出掛けるのが習慣だったが次男も友達と行くと言い出し、結婚して初めての家での年越しとなる。


子供の成長やな…寂しいけど仕方ない(笑)









今年は長かった。


過ぎてしまえばい早いが、やっぱり長い。



そして濃くて暗くて何が何だかわからない一年。



失ったモノは大きい。



でも得たモノもたくさんある。











2017年。ありがとう。



2018年。よろしく。