生きるってこと…。

長男が自らの意思で旅立ちました。

自分の気持ちや想いを整理しながら、家族の今とこれからを書く。

遺影写真。

昨日は何かとバタバタしていて、あまり息子との時間がなかったので今日はゆっくりと過ごした。


中学生の頃は思春期らしいものがあまり無かったが高校生になり思春期に輪を掛け、素行の悪さに頭を痛めてた。


家にも帰らない日が増え、家には寝るだけの場所…と言う感じだった。


今の方が会話が多いなぁ〜。


って遺影に向かって会話した。


いた時は当たり前で、会話がなくても、家にいなくても寝に帰って来て、都合よく使ってくれるよな…なんて思ってたのに。




息子の遺影写真。


葬儀前に息子の嫁と次男、私達夫婦でスマホ片手に探していた。


そんな時ってなかなかいい写真が見付からないものだ。


息子のマイブームで真顔で写真を撮るってのがあり、大概の写真は真顔。


笑顔の写真は少なめ。


後は裸と中指を立ててる…それはさすがに使えない(笑)



決めた写真は家族の満場一致で決めた昨年の祭りの時に撮った写真で真顔。



その写真は嫁が次男と息子を撮った写真。



でも私のホルダーには同じ写真で1人だけ写っている。




亡くなる1ヶ月前の事。



息子と普通の会話をラインでしていた。


私が言った事に対して、面白くない、と答えた息子。玄人受けの笑いはあんたにゃわからんわ!って送った時に自分の写真が送られて来て…よく見てたらジワジワと笑えてくる(笑)と写真と共に送られて来た。



四十九日前に息子とのラインのやり取りを見返した時に気付きあの時の写真だ…と気づく。



だから私は嫁が次男と息子を撮った写真って事を知らなかった。


でも息子が面白いやろーと送って来た写真を知らずに遺影写真に使っていた。


私に面白いって送ってきた位の写真だから気に入っていたのかな…いや、お気に入りだと思いたい。



変な偶然、嫌な奇跡。



これから先、ずっと私は、この写真…息子に話掛ける。一方通行だけど…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。