生きるってこと…。

長男が自らの意思で旅立ちました。

自分の気持ちや想いを整理しながら、家族の今とこれからを書く。

蝶々。

最近、よく家の周りに同じ種類、一匹の蝶々が飛んでいる。



我が家に引っ越しして5年。


初めて見る蝶々、それも頻繁に…。







息子が亡くなってからよく聞く、亡くなった人の魂が生き物と一緒に逢いにくる…と。



息子が亡くなってから見掛ける生き物すべてを息子じゃないか…と思ってしまう。








いつも見掛ける、その蝶々。



居るのを知らずに植木に水やりをしていたらビックリした様子で飛んでしまい、家の前をグルグル飛んでいた。


翌日、次男を駅前に車で送って行った帰りに運転席窓に蝶々が入ろうとしている様に飛んでいた





何か言いたかったのかな?





私は息子の最期の言葉を聞いてない。


手紙やライン、メールもない。







余計に蝶々が何かを伝えようとしてる様に感じた







息子よ…


おかんもあんたに言いたい事が沢山ある


でも大半は小言だから聞きたくはないやろう。






…って蝶々に伝えたかったが、それ以来、見掛ける事はない。











もう、どんな形でもえーねん。



私に小言を言わせろよ!



それが母である私の仕事なんやから…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。