生きるってこと…。

長男が自らの意思で旅立ちました。

自分の気持ちや想いを整理しながら、家族の今とこれからを書く。

親子喧嘩に仲裁役さん。

我が家は現在、4人家族になりました。


私達夫婦と主人の父、そして次男。


次男は15歳、高一。

現在、私と喧嘩してプチ家出中。


15歳が家出…普通じゃないやん?って思われるかも知れないが、亡くなった長男も同じような事をしていた。



長男はよく、主人と対立していた。

お年頃なんだろな(´ー`)


だからか、家出していても私には連絡くれてたり心配してくれてたり…。


主人と長男の対立は私が間に挟まれ、とばっちりは当たり前(笑)


いつも長男が「おかん、悪りぃ」とサラッと言ってた。


次男とは私がよく対立する。


お互い同じ性格なのか、言い出すと引かない、意地でも曲げない。だから平行線のままで解決しない。


そんな時に間に入ってくれるのは長男。



この兄弟は仲が良い。


オカシイ位に仲良くていつも一緒。


年齢も6歳違い。


弟が兄を慕うってよくあるけど、我が家は兄が弟にくっつき、どこにでも連れて行く。


そんな次男は長男の言葉だけは聞いてくれていた。


次男の事で何かあると長男に相談し、本人に話してもらってた。


聞く、聞かないは別として、自分の想いは長男に話していた。



今回、次男との喧嘩で初めて長男に相談出来ずにいる。


仲裁役が居ないので、そのまま喧嘩続行中である。




空から見てる長男よ…。



やっぱり、あんたの存在が居ないと、こんな感じになるんやで…。



頑張れよーおかん!



って言ってるかも知れないが



私は頑張らない、意地でも(๑•ૅㅁ•๑)



でも、今からあんたが居なくても次男と喧嘩した後の事を自分で処理出来るように模索はしてみる。




…頑張らないけどな( ̄∀ ̄)w

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。