生きるってこと…。

長男が自らの意思で旅立ちました。

自分の気持ちや想いを整理しながら、家族の今とこれからを書く。

三者懇談会。

先日、次男の高校で三者懇談会があった。



その数日前に息子の友達が息子に会いに来てくれていていた。その友達は次男の学校の卒業生。進学について指定校推薦なんかもいろいろ聞いていた。


三者懇談会の時に改めて先生に進学の事を聞いた。次男は黙っていた。


まだ高校一年生。


早いと本人は思ってるだろうけど、選択肢は沢山あればそれでいいやん…と私も軽い気持ちだった。








懇談の帰り次男が

「何も決めてないけど、進学はせーへんで!」

と、宣言された。









家を出て大阪や東京の都会に行きたいって言ってたのに…


やりたい事が沢山あんねん!って言ってたのに…







次男なりに考えもあるんだろう。





でも、息子が亡くなって自分がこれからやらなくてはならないから…と思って決めたとなると…




今からそんな事で人生を妥協して欲しくはないなと





かと言って次男が遠くに行ってしまうのは本心、寂しい。







それもこれも私の人生ではない。

次男の人生だ。







「好きなようにしなはれ…」


車の中で次男に言った一言だ。







ただ、責任は自分にあるで…と。

自分で決めた事は自分で責任を持つ。



失敗したらやり直したらええねん。

ボチボチやればええねんから。










と、余分に付け加えといた。










私は息子の人生の岐路を迎えた時、なんて言ったんだったっけ?







失敗したらやり直したらええねん…って次男には言ったけど、息子にはもう、言えないんやな。。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。