生きるってこと…。

長男が自らの意思で旅立ちました。

自分の気持ちや想いを整理しながら、家族の今とこれからを書く。

遺品。

昨日、主人が帰宅した時にタオルを持って帰ってきた。


息子は主人の働く会社にバイトで行っていた。


事務の方が息子が使っていたロッカーを整理していた時に出て来た息子が使っていたタオルだった。



主人が

「息子の遺品やな…」と言った。









「遺品」と言う言葉。



止めてよーそんな言葉。

亡くなった人の物の事を言ってるみたいやん。










…って

主人には言えなかったが、言いたかった。





おかしいよな…。




もう、息子はいない。



だから遺品と言っても間違いじゃない。



まだまだ現実を受け入れてないんだ…と自分で自分を知り、改めてショックを受ける。




だから、主人には言えなかった。







息子が旅立って9ヶ月になろうとしてる。






未だに息子の現実から目を背ける私。





時が解決してくれる…って心の片隅で思っていた自分がいたが…





まず、自分が一歩踏み出さなければならないのかな…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。